Doom And Gloom

日々の思うところや備忘録代わりのメモをここに。書いている人の事はカテゴリProfileをどうぞ。

カテゴリ: Book

どんな本

 「ゲンロン」を展開している哲学者、東浩紀の語り下ろし的な本

何が書いてある

 ゲンロン創業から10年を東氏の視点で振り返っている

どう

 自分には超面白かったけど、ゲンロンとか東浩紀に興味がない人には多分響かない。でも読むと零細企業経営者の奮戦記というかそういうものになっていて読める。てかもう読んででなんか泣ける。


 仕事の仕方というか考え方と実践のヒントの本

どう

 まぁまぁ面白かった。2021年最初の本として悪くなかったのでは。前向きって大事だよね、とか心理的安全性を保つグループの作り方がわからないという自分に直接的な回答はないと思ったけど、読んで損した気持ちにもならなかった。

今年は(も)全然本を読んでいない。

読んだ

  • 『 独ソ戦』
  • 『戦車将軍グデーリアン』
  • 『失敗の本質』
  • 『おうち性教育はじめます』
  • 『戦争は女の顔をしていない』

こうみると戦争本しか読んでない。やばくね?そして一冊が性教育の本。まあこれはね、小さい子供が家にいるのでね。

読みかけ

  • 『新記号論』
    • いつ読み始めたか忘れた...
  • 『観光客の哲学』
    • もう読み始めて1年経ってるのに...

ひどいものだ。来年は、というか今年の残りで何とか『戦争は女の顔をしていない』を読み終えて来年につなげたい「戦争は女の顔をしていない」をなんとか読んだ。衝撃が半端ない本だった。

どんな本

旧日本軍を組織論的な視点殻分析した名著

ポイント

  • いわゆる『日本的組織』なるものの典型的なやらかしっぷりがよくわかる
  • 対象は分析対象はノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ沖海戦、沖縄戦の6つ
  • 陸軍、海軍、そして統合作戦。
  • データではなく情緒
  • 見たいものだけをみる
  • 自己革新的な合理性を持った組織を作ったアメリカとの差

その他

 読んでいて「もうやめて!こちらのHPはもうゼロよ!」と言いたくなるような話がすごい。この本とか、『昭和16年夏の敗戦』はみんな読んだらいい。今でも学びがあるはず。

どんな本

『独ソ戦』で新書大賞をとった大木毅氏の本。角川新書。「ドイツ装甲師団の父」と言われるグデーリアンの実際について

ポイント

  • グデーリアンの『電撃戦』で語られない、もしくは意図的に語らなかったと思われること
  • 軍の中の政治的なもの
  • 戦争犯罪への関わり
  • 自分の虎の子の装甲兵力を無駄に温存した結果

などなど興味深く読めた。

その他

今後マンシュタインについても書くとか何かで読んだ気がするので、出たら読みたい。でもロンメルについての方はあまりそそられないかなあ。

何について書いているか

大木毅『独ソ戦』について、友人が紹介してくれた他の人の感想についての感想。なのでこのエントリだけ読んでも訳がわからないと思われる。

何故書いているか

すこし納得できない部分のある感想文を読んだから。

何が納得できないのか

  • ヒトラーについての認識はわかる
  • 自民党政権が嫌いなのもわかる
  • 歴史上の独裁者と現在の日本の首相を並べて語ることに反対
続きを読む

概要

 岩波新書から出ている「独ソ戦」を読み終わった。独ソ戦の個別の戦闘ではなく、通しで独ソ戦の経緯を概観できる良い本だった。また、戦闘だけではなく政治的な側面や戦争犯罪等についても(独ソ双方)ページが割かれていてよい。

ポイント

  • この本読むまで「彼らは来た」のパウル=カレルの素性を知らんかった
  • 戦略と戦術の間に「作戦術」というものを置いて理解しようとするのはなんとなくわかりやすい。でもちょっとあいまい?
  • ドイツ国民そのものの罪、的なものにも触れている
  • 国防軍無謬論というか、国防軍は虐殺行為とかしてません、的な言説を否定していて素晴らしい。
  • この著者の「戦車将軍グデーリアン(角川新書)」も読んでみたくなった
  • 巻末に参考資料がまとめてあって大変助かる。今後独ソ戦についてもっと本が読みたくなった時の参考にさせてもらう。

リンク


 4/14は技術書典6に行ってきた。初回から気になりつつ行けていなかった技術系同人イベント

である。結論としては行ってよかった。刺激がいっぱいで、2時間もいなかったけどとても楽し

い時間になった。

続きを読む

 いつだかのデブサミかなんかででもらった本。やっとこさ読み終わった。今後適用するには
工夫も必要だけど、なんとか導入していきたい考え方がいくつもあった。

 タブレットで読み終えた。名著というかまあ良い本なので、もっと早く読み終えておくべきだった本
なんだけど、これは今後是非一部分でも手をつけていきたいところ。

 浅田彰氏がゲンロンカフェでのイベントで紹介してたウェルべックの新作が日本語訳されたので
早速買った。連休中読もう。

 Kindleで読んだ。父になったということでずっと読もうと思っていた本。でも子育て論
ではない。いや、前半は確かにそういう面があるけど後半には子育てを通じて日本社
会を考える的な本にになっている。子供ができたことで自分の思考が変わっていって
いる点について東浩紀・宮台真司の両氏が語っている感じ。でも分量的には宮台氏
のほうが多いかな。
 基本普段は東氏の文章を読むことが多いので宮台氏の決め付けにも取れる断定口
調は苦手なんだけど、でも苦手なのは図星をつかれているかもしれない。等と思いな
がら読んでみた。ちょっと収録が古いので、ゲンロンチャンネルの動画見たかったけど、
どうもそれもすでに見られないようね、残念。



 最終巻が書店に並んでいたので買った。コミックは集めてないんだけど最終巻は買おうと決めていたのだった。13巻まででほぼ全てが終わり、14巻は全体がエピローグと言っていいんじゃないかな。ユイとゲンドウ、レイとシンジの対話なんかを読みながら「あー、おわるのねー」としんみりしてしまう。
 ところで最近家に子供がいるからか、ユイとゲンドウの対話のシーンのような場面に弱い。ユイが死ぬ間際のゲンドウに語った「思い出して」のくだりは「おおぅ」ってなる。あとゲンドウがL.C.L.にならないのはなんでなん?一つになるのを拒否したから?隣でリツコが溶けてるのにね。あと最後のストーリーで真希波マリが出てくるのはマリのお母さんなの?エヴァの呪縛的なアレで本人な感じ?というところで終わり。なんか自分が大学生の頃から知っている漫画が終わるというのもしんみりするなあ。来年あたりは月マガの『DEAR BOYS』も終わるんだろうし、終わって寂しいのと、自分が遠くに来てしまったという感慨でしょんぼりしそうだ。

 というわけで90年代以降の日本のアニメ・漫画に多大な影響を及ぼしたエヴァの貞本版が終わり、残るは新劇場版の4作目のみ。とはいえ、新劇場版は私としては「公式二次創作」という捉え方なので、この漫画版が終わったことでエヴァの物語は一応終了なのかなと思う。一時代の区切りだなあ。



 最近読んだ本。両方面白いし読みやすい。買って良かった。



 『虐殺器官』『ハーモニー』の伊藤計劃が残した短編集をやっと読み終えた。面白いね。絶筆となった『屍者の帝国』も最後まで読みたかった。この人の小説には自身の病の事もある為か全て「死」が出てくるわけだけど、単純に戦争やって死ぬとかそういう話ではなく、薄ら寒い感じ。『虐殺器官』は特にそうだったけど、『ハーモニー』も対極にあるようで『虐殺器官』と同じような気もした。

 あぁそれにしてもこれでこの人の読めるテキストは全部読んじゃった。どうしようかな、この本のタイトルのきっと元ネタであろう『ディファレンス・エンジン』を読んでみるべきかなぁ。

・・・ところでこの本の最後の解説文の『フォックスの葬送』の部分で『地獄の黙示録』かその元ネタ『闇の奥』について触れられてないのは違和感があったんだけどな。





 GWで唯一知的だったと思う。東浩紀氏のこの本は何かに連載していた文芸評論をまとめて文体をいじったりしたものなんだけど、『セカイ系』って何だろうと思う人は読んだら面白いと思う。俺のような普段小説を読まない人間だと理解できない事もあるけれども、「物語」を今の時代に作る事の困難さが何となく分かったのと、今年も1、2冊は小説を読もうと思えたので良い本だった。

 『四年生』『五年生』『げんしけん』の木尾士目が書いてる漫画『Spotted Flower』がついに単行本になったという事で購入。とりあえずこれは帯がずるい。「そんな未来」だもんな。明らかにこれは初代げんしけんのラストから引いている訳で。
 内容はヲタの夫と、妊娠している一般人の妻の日常オムニバスもの。見るからに班目と咲なわけだが、まああれだ。公式二次創作的なやつだな。下ねたっていうか若干エロいが、別に男女問わず平気でしょって感じだし面白く読めますた。薄い割には多分2巻はまた来年なんだろうけど、げんしけんで班目がいい!という人間にはたまりませんね。

 最近ちょっと疲れているのでKindleで深夜にマンガを買って読んだりなんかしてる。今読んでいるのは『僕らはみんな河合荘』。こういうの読んで「はー」ってなってる時点で疲れている訳だけど、律ちゃんかわいいよ律ちゃん。非モテ男子高校生には得られなかった青春がいい。あとKindle版が安いのもいい。



 Facebookにもポストしたネタ。今年読んだ本。

ニートの歩き方』:もうこれを年始から読んでいる時点でその後の方向性が出てた。
文化系トークラジオ Life のやり方』:このLifeというラジオ番組とゲンロン界隈が私の文化系生活を支えている。
僕たちはガンダムのジムである』『自由な働き方をつくる 「食えるノマド」の仕事術』:両方とも常見陽平氏の本。前者はさらっと読めるけどあんまり響かなかった。後者の方がなんか良いかもしれない。それでもLifeでの発言よりはまともな内容。
Webサービスのつくり方』:ゆーすけべー氏の本。こういう本てなかなか無いからね、読み直したりしたいな。
南極点のピアピア動画』:Kindleで読んだんですけど、楽しいSF。前向きでいい感じ。
空飛ぶ広報室 』:ドラマ原作。というより有川浩の本なので読んだ感じ。あいかわらず面白い。ドラマの最終回はいらなかったと思う派。なんかああいうオチは「隙間」が無さ過ぎて苦手。
ニコニコ時給800円』:海猫沢めろん氏の自伝的小説。マジ分けがわからんヤバい感じ。いまゲンロン通信に連載している『ディスクロニアの鳩時計』もかなりヤバい感じだけど別系統ですごい本。広く他人には勧められない。
昭和16年夏の敗戦 』:猪瀬直樹氏の本。開戦時に日米戦争のシミュレーションをしていて、結論は「負ける」と出ていたんだよというお話。それなのに戦争の終わらせ方を考えずに開戦してしまった事については本当に残念な話だなと思う。
全滅脳フューチャー! ! !』:さっきの『ニコニコ〜』と被ってる印象だけど面白かった。そしてこれも広く他人には(ry
僕たちのゲーム史』:さやわか氏の本。「ボタンを押すと反応する」「ゲームと物語」といった切り口からのゲーム語りは新鮮。
虐殺器官』:30代半ばで夭折した伊藤計劃氏のSF長編。結構前に出た本だけど、今年読んだ本の中で一番面白かった本。
ハーモニー』:これも伊藤計劃氏のSF長編。世界観が『虐殺器官』と連なっている感じ。「健康なのはいい事だ」をゆがめるとすごい事になるぞと。超残念な事にこの人はこの本が最後の本になってしまって、結局長編は2冊しか出てない事。本当に残念だ。
ザ・シークレット・フットボーラー』:イギリスの高級紙ガーディアンに連載されていた匿名のプレミアリーグ元選手の手記。オフの過ごし方とかすげーのな。一晩で1000万円使うとか。
ぼくのプレミア・ライフ』:上は選手の本だけどこれはサポーターの本。サッカー好きなら一度はこの本を読むべきじゃないか。狂ってるってこういうことを言うんだなと思う。
隣り合わせの灰と青春』:中学生くらいの頃に読んだ本が電子書籍になってる事を知り購入。RPGの名作『ウィザードリィ』のノベライズ。懐かしく読んだ。
『ヱヴァンゲリヲンのすべて』:最近ゲンロンカフェ店長になった坂上氏が編集した同人誌(?)今年は新劇場版Qが公開されたので関連本。濃い本だった。。。
チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』:東浩紀氏の『思想地図β』の4-1として観光されたチェルノブイリの今を取材した本。おもろい。思想云々抜きにしてもふつーにガイド本にもなるレベル。
彼女たちの売春(ワリキリ)』:今年は恋愛とか売春とか風俗とかに何故か引かれて数冊買ったわけだけどこれもそう。こういうのを「特殊な例」として隔離するとひどい社会になる。ていうかなりつつあると認識させられる。
マージナル・オペレーション1〜5』:あの『ガンパレード・マーチ』生みの親、芝村裕吏氏の小説。ライトなので全5巻をさくっと。中身はスカスカだけどそんな事気にしてはいけません。主人公がテンプレなやれやれ系だったりするわけだけど、それも気にしてはいけません。
恋愛のアーキテクチャ』:宇野常寛氏と共に最近AKBヲタが極まっている濱野智史氏がなんか書いてるってことで読んでみた。トークイベントの文字起こしがいろいろ載ってる。中ではとりあえず平野啓一郎氏の「分人」て考え方をはじめて知って興味を持ったな。AKBについては結局ことしもなんで宇野氏とか濱野氏とかがあんなにはまっているのか分からん。
性愛空間の文化史』:今年は恋愛や性についての本をいくつか読んだんだけどもこれはその「場」の一つであるラブホテルについての本。統計の数字等も出ててとってもまじめな本。何故日本でこういうラブホテル文化ができたのかに興味がある人はぜひ読んでみてほしい。

 2週間前くらいに読み終わった。『彼女たちの売春(ワリキリ)』の流れで読み始めたが、こっちは純粋にラブホテルの発生過程についての本。面白かった。最後の方に今のラブホについて「セックスをするところ」ではなく「セックスもするところ」になっているとあったけど、この業界もどんどん変容していくんだねぇ。

↑このページのトップヘ