誕生日にゲットした本シリーズの一冊。濱野智史氏が書いてるって言う事で気になってた本なんだけど、面白かった。対談はまとまりがなかったんだけど、それでもひっかかる部分はあって、例えばセフレについての櫻井氏の話はまとまった文章で読んでみたいなとか、平野啓一郎氏の『分人』という考え方がなんか面白いぞ、とか。
 AKBについてはまあこのくらいの時期(2010年)からLifeでも濱野氏は熱く語ってたのでそのノリが前面に出ててすごい。このノリの行き着いた先が『前田敦子はキリストを超えた』なのかな。アレを読む気は全くしないけど、なんかこの文章の熱さは面白いね。ただし氏が熱く語るほどすげー!とか思わないというか、ねぇよ、というか。
 ただ恋愛というものについてちょっとぼんやり考えるときにやっぱAKBとかアイドルにはまる人の事は外せないだろうから、その点では最新の流行アイドルの仕組みがかいま見れたのは良かった。ただやっぱ説明を読む限りキャバクラ感が拭えないんだが・・・。しかしAKB的なものへはこれ以上調べたりする気がないのでよしとしよう。

というわけで、そのうち平野啓一郎氏の小説でも読んでみましょうかね。あ、この本の中でラブホについて書いている金氏の最新著作は偶然同時に買った『性愛空間の文化史』だったので、次はこれを読む。