ちょっとバージョン管理したくなったのでBitbucketにリポジトリ作成。Bitbucketは無料アカウントでもプライベートリポジトリが作れるので良い。Githubはお金払わないとだからね。てことでGitのリポジトリをBitbucketに作ってファイルをいくつか投げ込んでごにょごにょした。
 まあ一人でバージョン管理するのは簡単で、作業コピーをいじり終わったら$git -a -m 'ほげほげ'した後に$git push -u origin masterするだけ。なので別にターミナル立ち上げての作業でも良いんだけど、気になっていたSourceTreeというアプリを入れてみた。これ、いつの間にか日本語になってるのね。前は英語版だけだった気がするんだけど(気のせい?)。インストールや設定なんかは3分だし、グラフィカルだし良いね。もっと速く導入すべきだったわ。今後も何かもにょっとするときはBitbucket+SourceTreeでなんとかしよう。

Bitbucket
SourceTree