さて4日目。本日はもう「故宮博物館」と「士林夜市」で終えるのだ。例によって10時くらいに宿を出ておりえさんは念願のまんじゅうをゲット。俺はそのままおりえさんとあるいてMRTの駅まであるき、そこに入っている三越?の地下にあるフードコートで飯。ちょっとピリ辛な麺はなかなか美味かった。
DAD_2571
DAD_2572

そんな感じで朝飯を終えて、一路士林へ。つってもMRTですぐだけど。士林についたら今度は故宮博物館行きのバスに乗る。バス停は駅の近くすぐで分かりやすい。駅も綺麗だったし整備されてた。故宮博物館はけっこう広く、日本語ガイドの機械を借りておりえさんと陶器とか見た。あとなんか有名だっていうんで白菜とか角煮の置物もみた。正直なんか微妙な一品ではあった。
DAD_2573
DAD_2575
DAD_2586すごい標識...

そうそう、ここでは休憩に杏仁豆腐食べたりお茶を飲んだんだけど美味しかった。はーってなるなー。そしてこの博物館を見学して何を一番感じたかって、この大量の資料や陶器なんかをどうやって大陸から持ってきたのか。絶対本読んだら面白いと思うんだよね。なんかないかなこれについて解説した本とか。
まあいい。そういうわけでなかなか楽しかった。以前バンコクに行った時に博物館によらなかったことをちょっと後悔していたのでやはりこういう場所に行くのは良い。そして台北市街の国父記念館に行ったのも良かった。ああいう場所に行くことでそこの国が例えば日本という国をどう表現しているのかがわかる。

あ、でも別に韓国はいいです、分かってるので。逆に韓国は同世代の人と話をしたいかもしれない。在日の人は知り合いがいるけど、在日も俺らくらいになると3世とか4世だから正直あんまり話しても変わらない。特に学校が日本の学校に普通に通っているとね。なのでソウル市内で若い人と酒のみながら話す機会があったらなと思わないでもない。

DAD_2587
DAD_2589
DAD_2588
DAD_2590
話がずれた。でまぁ博物館はいいやと。もう俺らは食って飲んで寝ようということでまたバスに乗って士林駅へ。で駅から有名な夜市へとあるく。途中日本のアニメのポスターが貼ってあったり大量の原チャリが駐車してたりといったゾーンを通りに抜けて夜市へ。や、でっかいね。確かにこれまでに行ってみた二箇所よりでかいわ。食いもん以外も売ってるしね。写真にあるようなやさぐれまくったドラえもんとかw ででも俺ら的メインは実は地下にあって、地下のフードコート??的なところで乾杯!牡蠣のオムレツとかうまかった。でもなんつーか各お店に席があるもんだからどっちかってーと麦酒を持って見せ店を歩く感じで落ち着かないんだよね。で、2店舗でちょいちょい食って缶ビール2、3本飲んだところで地上へ。で、暗くなった市場をトイレを探したりしつつ歩いてから「河岸変えようぜ」となってMRTで市内へ移動。
DAD_2598
DAD_2604
DAD_2601
DAD_2591
DAD_2594DAD_2595
DAD_2596
DAD_2597


ここでガイドブックに「最近増えてきた」という”熱砂”という日本の居酒屋的形態のお店へ。そこで瓶の台湾ビールを2本くらいのみなんかちょこっと食べた。ここではまあ日本とおなじようなスタイルで注文して食うんだけど、一点激しく違うのがビール売りのおねぇさんがいること。これ、バンコクのカオサンで飲んだ時に同じスタイルだったんだけど、ビールメーカーのかっこう(バドガール的なやつ)をした女の人がそこのメーカーのビールを勧めてくるんだ。今回最初に台湾ビールの瓶を飲んだらハイネケンのおねぇさんが超売り込みにきたので2本目をハイネケンにしたげた。でもなんかこう、今回はずっと「どこで飲めるの?屋台文化だとどうなの?」みたいなことがつかめなかった感は否めない。この点はバンコクが大変分かりやすかった。なんなんだろうね。
DAD_2608
DAD_2609
DAD_2610
DAD_2613

で、最後の店を出てからホテルまでは普通にちょっと歩いたりしつつもどった。明日はもう昼には空港に行ってなきゃななので実質旅はこの日で終了。刺激がすごい!と思ったり「何かまだつかめない...」と思ったりかなりぐちゃぐちゃな感じで今回の旅は終えることになった。でもこれはもしかしたらそれが今の台湾を表しているのかもしれないと、ぴっかぴかのビルの裏にあるボロボロの商店の事を思い出しながら考えてしまう。面白い街だったなぁ。