延長までやって0-0、その末のPK戦で敗退。書いちゃうとこれだけだけど、ノックアウトステージならではの緊張感のある試合だったと思う。そりゃ確かに上位チームのような華麗なプレイは少ないけど、十分見ごたえがあった。結果には残念と思うけど、それでも選手は4年前の代表の無残な姿とは違う、素晴らしい姿を見せてくれた。今大会で選手的には本田もすごくよかったけど、長谷部と阿部、後は長友と川島が特にがよかったんじゃないかな。特に阿部は4−1−4−1のアンカーという負荷の大きい仕事を頑張って全試合続けていた。

で、ここで問題はFWだなと。次回は本田を1トップになんてしないで済むようにしないとね。試合を見てて「ここに高原がいればな。。」とか「永井。。。」とか思っちゃうんだよね。いや、達也とか寿人でもいいんだけど。だから4年後には本格派FWを何とか育てて欲しいなぁ。逆にDFは結構組織的に守れていたから、これはこれで、メンバーが変わっても同じ守りからができるようにして欲しいなー。

なんて、きっと監督が変わったらいろいろ変わるんだろうけどー。ていうか監督は変わるの決定だろう。本人もやめるっぽいこと言ってたし。結果は出てたものの、4年という範囲で見てちゃんと確実に代表を強化できる体制を協会は考えて欲しい。次のワールドカップのために、次の次のワールドカップのために。

でもとりあえず選手、監督、スタッフの皆さん大変おつかれさま!ありがとう!