カメルーンがなんか変だったのは確かだと思うんだ、うん。A=ソング出てなかったしね。それでも日本もきっちりボールホルダーに対するチェックに複数人数でかかってたし、攻撃時の選択も数が足りないときはなんとかキープもしくは行けるところまで行ってスローインにしちゃうなど、できていたと思う。本田△もビッグマウスに見合う値千金のゴールを見せてくれたし。

 守備も阿部がボールを取られる事もありながらしてパスの出し手、DFとMFの間のスペースを消しに奮闘してた。大久保もSBかよってくらい戻ってボールにチェック入れてたから簡単にFWヘボールが入れられる事がすくなかった。もしソングがいたらちょっとヤバかったとは思うけど、両SBとも走り負けずに素晴らしい働きだった。

 ゴールシーンはボールの特性の恩恵かもしれないけど、あの場所にきっちり詰めてた本田は正に本田△ってかんじ。偶然か左足で受けたボールを右足に当てて左足で撃つのにバッチリなイチにボールをおいての落ち着いたシュート。あの落ち着きに本職かと思ったぞ。

つーわけで、久しぶりに日本代表△って感じを味わえた。