Doom And Gloom

日々の思うところや備忘録代わりのメモをここに。書いている人の事はカテゴリProfileをどうぞ。

何の本

 日本生まれでイギリスに暮らす女性の子育てエッセイ第二弾。前回記事のエントリはこれ

どう

 前回より子供が大きくなっていてることがわかる。今回も前半はなんか泣けた。この感覚をいつか俺も自分の子供との間に味わうのかなとか、子供たちはどういう風に社会に反応するのかなとか考える。社会、正義、思想信条、そういったことについて子供に話す言葉を持たないといけないのだ、ということを考えた。


何のこと

 最近『戦争は女の顔をしていない』が100分de名著で取り上げられていた。一方自分で『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読み終えた。この二つはまあ全然違うことが書いてあるのだけど、ふと「小さい歴史」「大きい歴史」的な捉え方をすると前者なのだなと思った。

戦争は女の顔をしていない

 大きな物語の代表である戦争を、旧ソ連軍に志願して参加した女性兵士達の証言で描いている。それはとても個人的な、小さな世界の物語となっていて大きな歴史と対比する形となって女性の口から語られていく。それは日常のことであったり恋愛のことであったりオシャレのことであったり。

 戦争という大きな物語の中で翻弄されながらも紡がれた小さな物語たち。歴史の大きな流れの中ではかき消されている小さな声。そういったものをアレクシエーヴィチは聞き取り書き残している。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

 こちらも英国で暮らす日本人女性の子育て記でありつつ、その中には現代の世界が抱える多様な問題 について平場の一市民目線で語られている。子供の学校の生徒の国籍の話とか、移民の子が更に差別的な言葉を使うくだりなどはブルーハーツの『弱い者たちが夕暮れ さらに弱いものを叩く』という歌詞を思い出さずにはいられない。

 そして英国の小さい話の中には移民やブレグジットの問題も絡んでくるわけで。読んでて割と泣ける。

で、何。

 大きな物語と小さな物語、これらのうちどちらかだけを見ていると大きなものを見落とすのではないか、そう思っている。人によってはあえて片方を見ず、自分の考えを研ぎ澄ませる人もいるとは思うけど、自分は、そしてできたら子供にも、面倒でも両方見て、感じて、考える人になってほしいかなと思う。

 この両方というのは大事だと思っていて、例えば80年前に日本が始めた戦争について、子供の頃よく夏にNHK教育とかで戦争体験を後世に伝えるためにおじいちゃんおばあちゃんが話す番組をやっていた。自分も見たけど。もしあれだけしか見なかったら「戦争は悲惨だ」と言う事しか理解できない。自分ではそれだけでは足りないと思っていて、それが何故起きるのかについての色々な角度からの話を学ばなければならないと思っている。なので戦記物を読んだり証言集を読んだり映画を見たりとかしている面がある。

 もちろん証言番組自体は見てよかった。ベースとして戦争は良くない。の実例を知ることができたから。でも特に左派は戦後全く戦争観をアップデートできずただただ「戦争反対」としか言えなくなっていて、それはもう支持されないと常々思って言う。キチンと『今の戦争』に目を向けて新しい現代の流れの中で普遍的な価値、考え方、話し方、見せ方をしていかなきゃ。それには今の戦争について。大きな物語についても知らなければならないのではないか。特にすでに戦争体験世代が証言できるような年齢ではなくなった現代では。

 そんなことを上記の2冊を読んだりEテレの『100分de名著〙を見て思った。

どんな本

 おりえさんが持ってて進められた本。イギリスに暮らす日本人女性の子育て?エッセー

何が書いてある

 身近なエピソードで綴られるイギリスの現実。「多様性」について考えざるを得ない環境から出てくる何か。

どうよ

 とても良い本ではないか。感動してしまった。おすすめ。どうも今月続編も出るようなので、今度は俺が買っておりえさんとシェアしよう。

何の話

 『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』を思い返して考えたこと。庵野秀明監督と宮崎駿監督の表現の違い的な。

「 方舟」と「墓所」

 シン・エヴァをみたわけです。それについてぼんやり思い出していたのだが、劇中、加持が管理してたという「方舟」がでてきた。あれについて思い出していたらあぁ、これは宮崎駿『風の谷のナウシカ』の「墓所」と似ているなと思った。まあ「墓所」はもっと広く、なんなら種としての人間も保存していたり、保存した種を復元をする方法も残している。なのでちょっと立ち位置が異なるのかもしれないけれども。

庵野秀明監督と宮崎駿監督

 一方で扱いはこの二つの作品で全然違っていて、ナウシカでは彼女が「墓所」を否定し、最終的には巨神兵によって破壊される。それは私にはむしろ諦めない強さ的なものを感じさせた。他方、シン・エヴァでは加持は既に死んでる設定なので詳細不明だけど、残されたミサトが大事に「方舟」を人類の最後の希望のように管理してる。

 ここで「結果滅びようともどうするかは俺らが決めるから、お前ら余計なことするな」感がすごい宮崎監督の表現と、「自然、動植物、種を大事に次の世代のために残しましょう」的な庵野監督の表現との違いを感じたわけなのだが、もちろんただのヲタのこじつけなので根拠なんてない。

 が、しかし例えばとある社会学者の人が『庵野監督がシン・エヴァで官僚的努力を称えている』『ナウシカは制度破壊的な欲動が感じられる』などと言ってるので、完全に的外れでもないかなぁとも思う。

 そしてここまで読んで「ナウシカに墓所なんてあったっけ?そんなシーン見た覚えがない」という方。あなたは信仰心が圧倒的に不足しているので、おもむろに下のリンクをクリックして漫画版を買え。

全体的に

 基本的には外出は近場のみ。公園にいくとかそういうやつ。子供ができてからそんなGWはなかった。去年と変わらずといえば変わらず。ハイライトは5/4に行った池袋東武の子供眼鏡屋さん。

5/1

 初日。長女の保育園時代の同級生たちが井草の森公園に行くというので家族で行く。俺はいつも通りの「連休に入ると体調が崩れる」症状でぐんにゃりしつつ同行。ものすごく使い物にならない感じだった。それとセナとラッツェンベルガーの命日だということを思い出す。

5/3

 日曜。おにぎりを作ってくれたので近所の公園にいく。長女も自転車がいい感じに漕げるようになってきて感慨深い。

5/3

 おりえさんが子供とシャボン玉液を自作して遊ぼうとしたが、どうも材料がよろしくなく失敗。ならばとWebでおすすめされた洗濯糊を探しに子供と散歩がてらお出かけ。天気も良く割と疲れた。

5/4

 シャボン玉リベンジ。が、課題が見つかる。またこんどリベンジしよう。その後子供の眼鏡の調整のためにあんふぁんへ。池袋東武の店舗は予約すると従業員通用口から入店するという、なかなか貴重な体験をさせてもらう。東武自体はお休みなのでそのような対応になったが、大変助かった。あ、あと池袋に行ったのでジュンク堂に足を延ばすも子供対応で自分が気になる本は見れず。無念。

5/5

 ぐんにゃりしつつ夜は義母の誕生日を祝うなど。

いつも通り体調も崩しつつ、それでも子供たちと過ごす時間をいつもより取れたのでそこは満足。一方で自分の読みたい本を読み終えるという点ではだいぶ影響が出てて無念。今度も週末を使ってそこのノルマをクリアしたい。

 ハースF1のチーフレースエンジニアをやってる小松氏の本

何が書いてある

 エンジニアから見た現代のF1について書いてある。超詳しいことは書いてない(書けない)けど、でも現代のF1の複雑さがちょっとわかって楽しかった。良書なのでは。この本を買うときにもう一冊エイドリアン・ニューウェイの本『HOW TO BUILD A CAR』とどっちにしようか悩んだんだけど、この本は読みやすいしよかった。

 そのうち『How to 〜』も買って読もう。

エンジニアが明かすF1の世界
小松 礼雄
インプレス
2021-04-01

PCを買った。Dell Inpiron 15 5502

スペック

項目
画面 15.6インチ
CPU Intel Core i 7 11675G7 (11世代)
GPU Iris Xe
メモリ 16GB
ストレージ 1TB
OS Win10 home

なんでこれにしたか

  • ノートPCやっぱり欲しい。でも小さいのは嫌。
  • どうせほとんど外に持って行かないで家の1階と2階を行き来するだけだから15インチでも良い。

どうか

  • とりあえずトラックパッドのクリック感がクソすぎて悶絶。トラックボールとの併用必須。
  • 静かだし滑らかだし重さも気にならないので良い。

なにする?

  • まぁとりまDockerとUbuntuいれますかね。と。

どんな本

 「ゲンロン」を展開している哲学者、東浩紀の語り下ろし的な本

何が書いてある

 ゲンロン創業から10年を東氏の視点で振り返っている

どう

 自分には超面白かったけど、ゲンロンとか東浩紀に興味がない人には多分響かない。でも読むと零細企業経営者の奮戦記というかそういうものになっていて読める。てかもう読んででなんか泣ける。


 仕事の仕方というか考え方と実践のヒントの本

どう

 まぁまぁ面白かった。2021年最初の本として悪くなかったのでは。前向きって大事だよね、とか心理的安全性を保つグループの作り方がわからないという自分に直接的な回答はないと思ったけど、読んで損した気持ちにもならなかった。

何の話

 自宅でメッシュWiFiを構築して見たら何となく良い感じ

どうして

  • 今までは無線LANルータは2階の仕事部屋にあったので、一階で微妙な感じがあった
  • 2.4Ghz帯と5Ghz帯で別々のSSID担っているのが嫌だった
  • 無線LANの最新の企画に対応したネットワークにしたかった

何を買ったか

  • tp-linkのメッシュWiFiを構築するルータ「DECO X60」の2個セットのやつ

何で

  • X20に比べてより高速(理論上は倍)で接続できる
  • 他社同レベル製品に比べて安価
  • 別ジャンル製品で問題がなかった

設定方法

  • iOS/Androidアプリを使って楽にできる
  • 箱にはマニュアルも入ってない。バーコード読んでアプリ落とさないと何も始まらない
  • 設定自体は簡単

結果

  • 満足。でも契約している光回線のスピードの問題がありgoogleのスピードテストでは上り下り両方とも300Mbpsくらいだった。けどまじで良い。
  • 一人暮らしの部屋では全く不要だけど、戸建てとかだとあっても良いのでは。

 


↑このページのトップヘ